土嚢袋の必要性|安いアイテムもあるから安心

作業員

発生する汚水の処理

作業者

処理剤の特徴

工場などの施設を運用していると発生する汚水の処理に気を使う必要があります。そのまま下水に流してしまうのは法律や条令で厳しく制限されており、しっかり処理しなければなりません。しかし、完璧に処理しなければならないというわけではなく、汚水処理剤と一緒にタンクに貯蔵して処理施設に引き取ってもらえば充分です。そんなに汚れていない汚水は、汚水処理剤と一緒に下水に流す場合でも大丈夫なことがあります。保健所などにしっかり指導を受け、適切に汚水処理剤を使っていきましょう。そうすることで施設の運用は健全なものとなり、地域でも信頼される施設となるのです。汚水処理剤は粉体や液体、汚泥の活性剤などそれぞれ特徴があるので都合のいいものを選びましょう。

処理剤で気をつけること

近年汚水処理剤はかなり進化しており、今までの高いコストになっていた汚泥処理費用が大きく削減された事例が多くなっています。しかし、そういった事例を鵜呑みにし、自社が所有する施設やプラントでも同じ汚水処理剤を使ってしまうのはリスクがあるので気をつけましょう。具体的には油の処理剤を多く使ってしまうと、他の処理剤の働きを抑制してしまうことがあります。さらに、使用しているタンクなどをいためてしまう危険もあるのです。そうなると思わぬ事故につながってしまう危険があります。汚水処理剤を新しいものにする場合は専門家にしっかり管理してもらいましょう。やってはいけないことをしてしまわないように気をつけて処理剤を運用しなければなりません。