土嚢袋の必要性|安いアイテムもあるから安心

作業員

災害の時に役立ちます

土のう

土のうとは、布袋の中に土砂を詰めて用いる土木資材のことです。これらを敷き詰めることで、水や土砂などを堰き止めることができる大変便利なものです。水害や土砂崩れの場合に有効な手段だけではなく、爆発物の処理の際に、役に立つことができる、さまざまな用途に使用可能なものです。また、緑化の土木資材として、芝生の種子や肥料を組み合わせることで利用できる植生土のうという使い方もあります。そして土のうの使い方ですが、近年、増加傾向にあるゲリラ豪雨などに非常に役に立ちます。日本の国土は、山地が多いために川の氾濫が起きやすい環境にあります。世界的に見ても、日本は水害が多いですので土のうは大変役に立ちます。

土のうも日々進化しています。技術の向上によって、大変便利で簡単に使用することができる、土のうが発売されています。土のうは、布袋の中に土砂を詰めて用いる土木資材ですが、水に浸すだけで、その水を吸水して、簡単に土のうを作ることができる画期的なものまであります。袋はわずか数百グラムに対して、水を吸収した袋は、20kgまで膨らみます。それらを積んでいくことで、従来の土のうと同じ効果があります。持ち運びが便利であるのはもちろんのこと、2分たらずで出来上がり、さらには、袋だけですので保管する場所も困りません。また、使用後の処理も非常に簡単にできます。価格も非常に安くなっており、従来のものよりもはるかに便利になっています。従来の土のうと状況に応じて使い分けることにより、更に効果を発揮することでしょう。