土嚢袋の必要性|安いアイテムもあるから安心

作業者

災害の時に役立ちます

土木資材としてよく用いられている土のうは、様々なシーンで役立つアイテムです。土のうは技術力の向上により日々進化しています。水を吸収することで土のうが出来上がるものもあります。価格が抑えられていることもあり、非常に便利な道具なのです。

大切な水害対策

土嚢は、水害などを防止するために主に利用されるものである。通常は、土嚢袋に土砂を積めて水の流入の危険性が有る場所において使用される。最近では、土嚢袋の中に詰めるもので、通常時は軽く、設置することで水を吸収するものなどに人気がある。

現場に合わせた商品を

土嚢

土嚢は、土木工事や水害時の緊急対応として積極的に活用される道具ですが、土嚢袋を準備しなければなりません。土嚢袋を購入し、適度な量の土砂を詰めた土嚢を、守るべき現場に適切に積み上げ利用していきます。なお、屋外で使用されることが圧倒的に多い土嚢袋は、紫外線に強いポリエチレンなどが活用されるケースがほとんどです。また、サイズに関しては480mm×620mmというのが基本で、土砂を入れても人間が運びやすいように調整されています。近年では、大量生産も可能となっている土嚢袋は、格安の料金でも購入することができます。しかし、海外製のものなど、素材やサイズが基本とは異なる場合もありますから、十分に商品を確認したうえで購入しましょう。

土嚢袋を購入する目的は、これで土嚢を作り、建築現場などをしっかり守ることにあります。近年では、ゲリラ豪雨と呼ばれる強烈な雨が水害をもたらすことも多く、土嚢が活躍するシーンが飛躍的に増えています。そして、雨が比較的多い6月〜10月は、同時に紫外線がたいへん強い季節でもあります。したがって、建築現場などでは、紫外線に負けない素材の土嚢袋を購入する必要性が極めて高いと言えるでしょう。現在では、ネットショッピングでも土嚢袋が販売されており、1枚数十円といった低価格で購入することが可能です。一方で、紫外線に強く、耐久性にも優れているUV土嚢袋などは、割高ではあるものの数年間持つとも言われています。一般的に、価格やグレードに合わせて、目安となる耐久期間が異なってきますから、現場に合わせた商品選びを行いましょう。

発生する汚水の処理

汚水処理剤は施設で発生する汚泥や油を処理することのできる薬剤であり、粉体や液体、汚泥の活性化など様々な特徴を有しています。発生する汚水に合った汚水処理剤を使わなければ、思わぬ事故につながってしまうので気をつけましょう。